☆お客さま☆

2018年9月21日 (金)

定番♪

  肌寒さ  ここまでくれば  アレの出番

         お昼ご飯に  チョイ足し気分

 今日は東京で、18.9℃までしか上がりませんでした。

 しかも、朝はもっと寒くて15℃ほどしかなく、これが毎日続けばと思いますが・・・まだ少しだけ暑い日があるみたいですね(;´д`)

 と、そんな肌寒い今日は、お昼にお姉さまたちとおでんを買いに行きました。

 コンビニではすでに、本格的におでんの販売が開始されてるので、私は定番の「大根」「たまご」「じゃがいも」を買いました。

 戻ってから食べ始めると、私を含めて皆さん笑顔(*´∇`*)

 今年は異常なほど暑い夏で、このまま年を越すんじゃないかと思ってしまいましたが、こうして肌寒さが来るとおでんのおいしさも増しますね♪

2018年9月20日 (木)

ギャップ萌え

  ワイルド系  イケメン兄さん  突然に

     可愛いクシャミで  見た目とギャップ

 皆さん、まずはEXILEのATSUSHIさんを思い浮かべてください。
 分からないという方は、下の写真を見ながら読んでください。

「ATSUSHI」の画像検索結果

 少し前の、ワイルドな感じのほうがいいと思います。
 というのも、今回見かけた人がこんな感じだったので(笑)。

 で、ただ似てる人を見かけたくらいなら記事にしませんが、こんな容姿の人が可愛いクシャミをしたらどうでしょうか。

 ・・・クチュン!

 こんなクシャミをされたら、見た目とのギャップを感じずにはいられません(笑)。

 初めはビックリしましたし、きっと幻聴だと思いましたが、続けて2発目を聞いたときは実感しました。

 おそらく友達にはからかわれてるだろうなと思いましたし、彼女がいたら・・・いじられてるでしょうね(笑)。

2018年9月19日 (水)

こねこイス

  発車時に  バランス崩して  膝の上

      ちょこんと座れば  人助けになる

 こねこの膝も、人助けになるんですねぇ。

 あ、いきなり始まってしまいましたが、外出のお仕事で移動してる電車内での出来事です。

 とある駅で乗ってきた、杖を突いた1人のおじいさんが私の隣に座ろうとしてました。

 杖はあくまでも補助的に使う感じだったので、座るのをサポートしなくても大丈夫かなと思ってましたが、ちょうど座ろうとしてるときに発車してしまい、バランスを崩して私の膝の上に座ってしまいました(笑)。

 ごめんねと言って体勢を立て直そうとするんですが、さすがに危ないと思ったので、文句を言われてもいいからサポートしてあげることにしました。

 といっても隣に座らせるだけなので、私が立ち上がってからおじいさんに座ってもらい、その横に私が座り直しました。

 その後、私のほうが先に降りるので、立ち上がってから「気をつけてくださいね」と言うと「ありがとう」と答えてくれて、降りてからもチラッと見たら、手を振ってくれてました(◎´∀`)ノシ

 私も振り返すと、今にも立ち上がりそうな笑顔になってました。
 お願いだから、おじいさん座っててねと心の中で呟きながら立ち去りましたとさ♪

2018年9月13日 (木)

ガス欠

  予想より  上がる気温に  セミたちが

          慌てて鳴くも  声に覇気なく

 今日は天気予報で、昨日と同じく25℃に届かない日になると言われてました。

 しかし実際には、東京で27℃まで上がったようで、セミも鳴いてました。

 久しぶりに聞いたなと思いましたが、その声にどこか切なさを感じました。

 というのも、私が聞いたのがツクツクボウシで、最初はしっかり「ボウシ、ボウシ・・・」と鳴き始めるんですが、そのうち声がかすれてきて、しまいには鳴くのをやめてしまったからです。

 人間の言葉に置き換えるなら「どうせオイラの求愛なんて、誰も聞いてくれないんだ・・・」なんて言ってるかのようでした(笑)。

 まだこの先、30℃を超える日があるみたいで、セミたちにもチャンスはあるでしょうけど、この数日の涼しさに早くも閉店してしまった者たちもいるでしょうね。

 というか、セミの声がないだけで、夜はこんなにも静かになるんですね(笑)。

2018年9月12日 (水)

もしもしトントン

  佇んで  ポツンと見える  背中には

         同士惹きつけ  戯れるかな

 久しぶりにネコと戯れることができました♪

 お仕事の移動で、普通の商店街の中を抜けてましたが、私道の真ん中に背を向けたネコがポツンと佇んでいました。

 野良にしては堂々としてるので、地域猫だったのかもしれませんが、私にとっては関係ありません(笑)。

 どこまで近づけるかなぁと背後から近寄ってみると・・・あっさりと触れる位置まで接近。

 というか、いくら地域猫だとしても、そこまで近づいて気づかないってどうなのよ?(笑)

 あまりにも無防備なので、肩のあたりをトントンとしてみました。
 すると、たいして驚いた様子もなく振り返ってくれました☆

 また、誰も相手をしてくれなくて寂しかったのか、頭をなでてあげるとシッポをピンと立てて、ゴロゴロ言い始めました。

 もうこのままウチへ持って帰りたい!・・・と一瞬思いましたが、さすがにそれはできないので、10分ほど戯れてからその場を去りました。

 後ろ髪惹かれる思いとはまさにこのことですが、ネコちゃんのほうはそうでもないみたいで、何度か振り返って見ましたが、3度目ですでに違うほうへ歩いて行ってしまいました(笑)。

 ま、そんなもんだよねと思いつつも、わずか10分の楽しいひとときをありがとうという気持ちでいっぱいです(*´∇`*)

2018年9月11日 (火)

笑顔のワケ

  ついに来る  涼しい日には  ねこの顔

           覗けばそこに  満面の笑み

 (*´∇`*)
 あ、失礼しました(笑)。

 いきなり笑顔になってしまいましたが、その理由は言うまでもなく涼しくなったからです。

 これを待ってたんだよ~と思いましたし、仕事場に着いてお姉さまたちに早速顔を覗き込まれました。

 やっぱりね・・・という言葉には、涼しさ=こねこの笑顔というのが、お姉さまたちの間にも浸透してるようです(笑)。

 今年は特に暑い年として、記録にも記憶にも残るものになりましたが、あとは残暑のぶり返しがなければ、いよいよ秋になりますね。

 涼しくなれば食欲も戻るので、食べすぎないようにもしないと(*´∇`*)エヘヘ

2018年9月 8日 (土)

たまるもの

  土曜日の  急なお仕事  お願いも

       冗談交わして  こねこいじりに

 先日の台風や、この先3連休が二週続くこともあって、今日はお仕事になりました。

 金曜にお姉さまたちにお願いして、2人のお姉さまが出ることになりました。

 急に決まったことなので申し訳ないと思いながらも、どうやっても手が足りないので苦渋の決断でもありました。

 しかし、そんな私の思いとは別に、ねこちゃんにお願いされるんだから喜んで・・・と言ってくださるだけで、感謝でいっぱいです。

 あ、だからって出られなかったお姉さまたちを責めてるわけじゃないですよ(笑)。

 で、お昼で終わりにしたので、帰り支度をしてるとき「これだけ働いても、お金が貯まらないのは何でだろうね」というお姉さまの発言から、なぜかこねこいじりへと発展。

 溜まるのはストレスでしょ?とか、冗談を言ってると「ねこちゃんの場合は幸せだよね」と言われました。

 いや、私だって人間ですから、ストレスも溜まりますよ?と思いましたが、ここはお姉さまの言うままに乗り「そうですね」と答えました(笑)。

 当然ですが「あらぁ・・・こりゃ何も言えないわ」という反応で、みんなで笑ってしまいました☆

2018年9月 7日 (金)

見直す

  現状の  ハザードマップ  もう一度

           検証し直し  要する備え

 自然相手に想定内というのは、なかなか難しいものがあると思います。

 今回の北海道地震でも、ハザードマップでは危険と判断されなかった地域で、大規模な土砂崩れが起こってしまいました。

 震度7という大きな地震ですから、想定しないことも起こる可能性はありますが、ハザードマップで危険が示されなかった地域でこういうことが起こると、今あるものをもう一度検証し直す必要性があるのではないかと思ってしまいます。

 ウチのほうも、多摩川までは少し距離があるものの、反対側は多摩丘陵地帯の始まりで、すぐ近くにあるので土砂災害は十分に考えられます。

 ハザードマップによれば、そこまでの危険度はないみたいですが、今回の北海道の土砂崩れと同じようになるかもしれません。

 想定は無限にできますが、現状とすり合わせて優先順位などを考慮することも大切ですね。

 土砂崩れになったらどうしようではなく、起こることを前提として何ができるのかですし、多摩川も4kmほど離れてるとはいえ、氾濫したらウチまでは平坦で、背後には先ほども言った多摩丘陵が天然の壁となって水の逃げ場がなくなってしまいますし、どちらも想定しておかなければいけません。

 毎回、大災害が起こるたびに、犠牲者が出るのはなかなか防ぐのが難しいですが、似たようなケースを参考にした救助や復興といったものはすぐにできると思います。

 そのためのハザードマップの見直しであり、私たちの意識の再確認でもあると思ってます。

2018年9月 6日 (木)

まだ続くのか

  大雨に  台風地震と  続いたら

       自然相手に  なす術もなく

 今朝、いつものようにお仕事へ行くため、朝食を取ろうとキッチンへ向かうと、母がリビングで真剣にテレビを見ていました。

 チラッと見えた感じでは分からなかったので、支度をしながら母に聞いてみると、北海道で震度7(発生時は6強)の地震があったことが分かりました。

 私の体感では、3.11の震度5強もかなりの恐怖でしたが、それ以上ともなれば想像もつかないくらいです。

 今年は、年の初めから気候が少しおかしかったですが、記憶の新しいところでは7月に西日本豪雨がありました。

 あれだけでも大震災級の災害でしたが、その後追い打ちのように台風が続発し、先日は関西を中心として、歴代でもトップに入るくらいの威力がある台風が直撃したばかりでした。

 その被害もまだ、これからみんなで協力して回復させていこうというときに、今度は北海道の地震。

 自然を前にした人間は何もできないですが、これ以上何も起こらないように祈ることしかできません。

 本当に、本当に・・・もう何も起こらないで・・・。

2018年9月 5日 (水)

いつまで続く

  秋の気配  まだまだ見えぬ  9月なら

          残暑の記録  いつまで続く

 残暑はつづく~よ~♪
 い~つま~で~も~♪

 あ、失礼しました。
 思わず歌ってしまいました(笑)。

 台風一過そのままに、今日は再び暑さが戻ってきました。

 湿度もたっぷり含んだ空気を運んできてるので、残暑ならぬ「惨暑」ですね(苦笑)。

 毎年同じように秋は来ると分かってるんですが、今年に限ってはこのままの暑さで年を越すんじゃないかと思うほどですね。

 冒頭で思わず歌ってしまったことが、現実にならないことを祈るばかりです・・・。

より以前の記事一覧